リフォームについて

リフォームで固定資産税が減税

リフォームで固定資産税が減税 固定資産税は、家屋や土地などの不動産を所有される方に課税される税金の一つで自治体の貴重な収入源にもなっております。毎年、1月1日時点の不動産の所有者に課税され、年間で4回ほどに分けて納付していきます。
家屋をリフォームをする場合には、自治体によっては補助金の交付を設けられていたり、固定資産税自体が減税される場合が存在します。その一つに省エネリフォームの改修工事を行う場合に減税される制度があり、120㎡以内であれば翌年の税額を3分の1にする形で減額の適用を受けることが可能です。
省エネリフォームでは、太陽光発電システムを導入したり、床・天井・壁の断熱工事を行ったり、窓に対しての改修工事を行ったりする場合が該当します。二酸化炭素の排出量を抑えるため低炭素型社会を実現する上では、住宅の省エネリフォームも重要です。当然にそれの適用には、家屋自体の適用条件と工事要件、工事費に関しての決まりを満たしていることが必要不可欠になります。

リフォームの税金と確定申告

リフォームの税金と確定申告 一定の要件を満たした減税対象のリフォームを行った場合は、必要書類を揃えて確定申告を行います。申告すると所属税額から一定の額が控除されるので、適用させる制度によっては大幅な減税につながります。
自宅のリフォームには様々な優遇制度があり、所得税の控除は広く知られています。工事の種類や金額など条件を満たすと、所得税額から一定額の控除を受けられます。適用される額や期間は、ローンを利用するローン型と自己資金で工事費用を賄う投資型の選択により異なります。減税は税額から直接差し引けるので、リフォームを行った人にとっては負担軽減の効果が大きいです。確定申告は居住地を感覚する税務署で手続きを行いますが、郵送やインターネットを利用した申請もできます。還付金は指定した口座に振り込まれ、住民税からの控除がある場合は6月以降の住民税が減額されます。利用できる優遇制度は申請手続きが煩雑なので、リフォーム会社の担当者にサポートしてもらうケースもあります。